Skip to main content

コマンドラインインターフェース

Frourio

frourio

オプション

[--version/-v]

Frourio のバージョンを表示します。

[--watch/-w]

ウォッチモードを有効にします。 API ファイルの変更に伴って $server.ts を再生成します。

[--project/-p <project dir>]

デフォルト: .

Frourio はこのパスを用いて tsconfig を参照します。

Create Frourio App

引数

[<dir>]

デフォルト: my-frourio-app

オプション

[-v]

create-frourio-app のバージョンを表示します。

[--port/-p <port>]

デフォルト: 3000

[--host <hostname>]

デフォルト: localhost

[--answers <answers json>]

このオプションが指定されると、cfa は GUI モードの代わりに CUI モードで起動します。

JSON ジェネレーター: CUI によるセットアップ

[--help/-h]

ヘルプを表示します。

Aspida

aspida

詳細情報: aspida/aspida

オプション

[--version/-v]

Aspida のバージョンを表示します。

[--watch/-w]

ウォッチモードを有効にします。 API ファイルの変更に伴って $api.ts を再生成します。

[--config/-c <config path>]

デフォルト: aspida.config.js

Pathpida

pathpida

詳細情報: aspida/pathpida

オプション

[--version/-v]

Pathpida のバージョンを表示します。

[--watch/-w]

ウォッチモードを有効にします。 ページファイルや静的ファイルの変更に伴って $path.ts を再生成します。

[--enableStatic/-s]

静的ファイルのパスを $path.ts に生成します。

[--ignorePath/-p <ignore pattern>]

無視するファイルのパターンを指定します。

[--output/-o <output dir>]

デフォルト:

  • Next.js: utils / lib
  • Nuxt.js: plugins
  • その他: node_modules

$path.ts を出力するディレクトリを指定します。